倉敷国際ホテルは専属パティシェさんによる本格アフタヌーンティーだった

2016afternoontea-kokusai-report-img03
7月15日から美観地区の10店舗で始まった倉敷アフタヌーンティー。どれもこれも美味しそうで気になるのですが、その中でも気になったのが、倉敷国際ホテル特製スイーツになる一日限定10食「ザ・ホテルアフタヌーンティー」
予約をしないといけないということでしたので、事前に電話をいれて予約をしています。

レストランウィステリア

2016afternoontea-kokusai-report-img06
倉敷国際ホテルのロビーから入ることもできるのですが、直接レストランに入ることもできます。大原美術館に面した窓は全面ガラス張りなので、室内は明るく開放的です。

倉敷アフタヌーンティーのメニュー

2016afternoontea-kokusai-report-img03
一日限定10食の「ザ・ホテルアフタヌーンティー」
倉敷国際ホテルには専属のパティシエさんがいて、このメニューはそのパティシェさんによるもの。
お昼がピークになるので14時頃だと比較的空いています
予約なしで行ったら、確かにこれだけのものをすぐに用意するのは難しそう。
・11:00~16:00(OS15:30)
・料金:2,500円(税込)
・1日10食限定
・一人でも注文可能
・事前予約が必要(7/17(日)~8/20(土)は14:00から予約受付開始)

上段のプレート

2016afternoontea-kokusai-report-img02
上段はスイーツのプレート。見た目も楽しい彩りです。プレートの外側の模様もお皿のデザインでなくて、パティシエさんが描いているみたいです。
食べるのが本当にもったいないくらいでした。

下段のプレート

2016afternoontea-kokusai-report-img04
サンドウィッチやワッフル、アイスクリーム、そしてマスカットやピオーネなどのフルーツが載っています。
倉敷アフタヌーンティー参加の条件は、倉敷ならではの特産果実を盛り込むことが条件ですのでフルーツは欠かせません。

ドリンク

ドリンクは以下のメニューの中から2杯まで選べるということです。
せっかくなので、倉敷薄荷ソーダと高梁紅茶を選びました。

・ホテルオリジナルブレンドコーヒー
・高梁紅茶
・倉敷薄荷ソーダ
・清水白桃ソーダ
・オレンジジュース
・グレープフルーツジュース
・ジンジャーエール

倉敷薄荷ソーダ

2016afternoontea-kokusai-report-img01
こちらが倉敷薄荷ソーダです。
以前倉敷は薄荷の大生産地であり、海外に輸出もしていました。
近年、その薄荷が再度注目を浴びるようになってきました。
薄荷の葉をストローで押すと薄荷の味が広がってより爽やかな味わいに。

高梁紅茶

2016afternoontea-kokusai-report-img05
食後に高梁紅茶を頂きました。
高梁紅茶というのは岡山県高梁市で生産されている和紅茶です。
ドリンクが2杯頼めるのでお得ですよ。

最後に

一人一セットの注文からということでしたが、これだけの量で、ドリンクも2杯ついています。
朝ごはんを軽く済ませた上に、お昼を抜いてきたのですが、食べ終わる頃にはお腹がいっぱいに。
お昼を食べて、アフタヌーンティーに行ってみようというのは難しいかもしれないですよ。
残したらもったいないので、お腹を空かせて行くことをお勧めします。
G7教育会合のあったホテルですが、レストランはそう気を遣わずに入れます。
「写真を撮らせてもらっても良いか」と尋ねたところ「Facebook、Instagramご自由にどうぞ」ということでした。
ただ、他のお客さんもいますので、スマホなどシャッター音が出るものについては、食事の邪魔にならない時間帯を狙った方が良さそうです。

基本情報

2016afternoontea-kokusai-report-img07
店名:倉敷国際ホテル(レストランウィステリア)
住所:岡山県倉敷市中央1-1-44
定休日:年中無休
営業時間:月~土7:00~9:30/11:00~21:30・(日・祝7:00~21:30)
電話番号:086-422-5141(代表)

公式HP:
http://www.kurashiki-kokusai-hotel.co.jp/

倉敷つーしんを運営しています

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク