ひるね姫も食べてた!?【倉敷市下津井田之浦】脇お好み焼き


倉敷市下津井を舞台としたアニメ「ひるね姫」に出てくる女子高生、森川ココネが食べていたかもしれない、地元の人に愛されるお好み焼き屋さんを紹介します。とにかくこの地域、食べるところがほとんどありません。そして、森川ココネの通学路にあるお店となると、間違いなく利用をしていたはず。ちょうど田土浦坐神社のすぐそばですので、ぜひとも行ってみてください。


吹上美術館の近くから県道21号線を東に進んでいくと瀬戸大橋が近くに見えてきます。この黒っぽい家をを左に曲がります。


阿波屋のテントが見えてるので、そのまま直進。


テントのないアーケードを通り抜けます。


下津井田之浦二丁目2の標識。
ここを右に曲がれば田土浦坐神社の階段下に出ます。今回は脇お好み焼きに行くので、写真左のシャッターの建物を過ぎて左に曲がります。


路地の奥まったところに赤色の提灯。こちらが脇お好み焼きです。めちゃくちゃ地元の方御用達のお店の雰囲気が出ていませんか?店内はもちろん昭和の雰囲気漂うお店。カウンターに4人座ればいっぱいの小さなお店が、脇お好み焼きです。ご夫婦で営まれていて、奥さんが調理担当、旦那さんが主に配達をしています。


メニューはこちら。ぶた玉やモダン焼き、そばめしなどを食べることができます。値段も安く配達もしているため、お昼時はてんやわんやです。


そして季節限定ですが、ぷりぷりの牡蠣を使ったカキお好みも。こちらはカキと色々もしくはカキのみと選ぶことができます。


こちらは、たこ、貝柱、いか、えびの入ったスペシャルです。鉄板からテコで食べるのがこのお店のスタイル。

どちらかと言えば、観光客向けでないお店ですが、地元の方にお勧めされるお店ですので、ぜひとも行ってみてください。

基本情報


店名:脇お好み焼き
住所:岡山県倉敷市下津井田之浦2丁目2−15
定休日:月曜日
営業時間:
電話番号:086-479-8336
駐車場:県道21号線の南側にあり(下津井憩いの家の西側)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク