更新情報

ちょっとずつ内容を見直しています

倉敷美観地区新名物!デニムソフト【倉敷市中央倉敷ジーンズストリート】

2016jeansstreet_img02
デニムソフト

平成26年(2014年)11月8日に美観地区にオープンしたデニム製品や雑貨を販売するお店「倉敷デニムストリート」さん。

店内に並ぶデニム関連の商品に、デニム好きにはたまらないはずです。

ただ、お店の名前を知らなくでも、お店の一角で販売される藍色のデニムまんデニムバーガーが強烈なインパクトを岡山県民だけでなく、全国区に与えたようです。

デニムソフトやデニムバーガー、デニムまん

「そのもの青き衣をまといて倉敷の野に降り立つべし」

倉敷の美観地区では以前より、いろいろなお店でアイスクリーム、ソフトクリームが販売されていましたが、注目度、知名度ナンバーワンなのは倉敷デニムストリートのデニムソフトでしょう。

デニムソフト

2016jeansstreet_img03
デニムソフトクリーム

暑い夏にに美観地区での食べ歩きならデニムソフト

デニムソフトがどんな味がするかと言えば、ラムネ味です。加えて、ブルーベリーが隠し味で入っているとのこと。

実際にデニムソフトを食べてみても「おっ?ラムネ味」ということで、ごく普通の味なので安心です。

でも、冷静になって考えてみたら青色のソフトクリームって、他の地域でも売ってないですか?

デニムバーガー

2016jeansstreet_img04
デニムバーガー

デニムソフトに続いて、次はデニムバーガーを紹介します。

「ハンバーグとキャベツを青いパンズで挟み、特製ソースで仕上げました。」というデニムバーガー。

青色のデニム色をしたパンズは強烈なインパクトです。

食べてみても、普通のハンバーガーとキャベツの千切りなので、大丈夫です!思わず、InstagramやTwitterに投稿したくなります。

デニムまん

2016jeansstreet_img05
店頭のデニムまんのサンプル

国民的ゲームソフトに出てくる有名な某モンスターに似ているのがデニムまん。デニム色をしているのは生地だけです。

2016jeansstreet_img06
デニムまん(焼きそば)

以前はブラックデニムまんがありましたが、なくなっていて、デニムまん(やきそば)という新商品がでてました。商品説明によると、「昔なつかしい少し甘めのソース焼きそばを、青い生地で包みました」とのこと。

感想

発売当初は岡山県民でも、「いくらなんでもやり過ぎでは?」とツッコミを入れたくなるデニム系食品。

「青色は食欲減退の色」ということですが、観光客を中心に受け入れられてきている様子です。

倉敷市内になる児島地区が「国産デニム発祥の地」なのですが、そちらではデニムつけ麺というものまでが最近まで販売されていました。

倉敷の美観地区に観光に来る方、旅の話題づくりに、このインパクト大のデニム系テイクアウト食品はいかがでしょうか?

基本情報

2016jeansstreet_img01
「倉敷デニムストリート
店名「倉敷デニムストリート」
住所倉敷市中央1(星野仙一記念館の入口のある通り)
定休日なし
営業時間10:00~18:00分
電話番号086-436-6218
駐車場近隣に100円パーキングあり
ライター
この記事をかいたひと
運営者

倉敷つーしんを個人で運営しています。プロフィールだから何か書けと言われても、今のところ思い浮かばないです…。ゆっくり自分のペースでやっていけたらと思っています。ある程度、記事を更新したら、Twitterも更新しようかなw

倉敷つーしんをフォローする
食べ歩き
倉敷つーしんをフォローする
倉敷つーしん

コメント