レトロな喫茶ファン必見!西洋乞食に咲くバラ【倉敷市水島西栄町】

2016seiyokojiki-rose_img0
喫茶「西洋乞食」倉敷市水島西栄町

数年前、喫茶「西洋乞食」のバラのクリームソーダの写真が大きな反響を呼びました。

もともと西洋乞食の「バラのクリームソーダ」は有名で地元のテレビや雑誌に何度も登場して倉敷では名前が知られていました。

また以前から喫茶ファンの間でも名前が知られていましたが、SNSで改めて全国に喫茶西洋乞食の「バラのクリームソーダ」が知られるようになりました。

喫茶「西洋乞食」の場所

喫茶「西洋乞食」の場所ですが、JR倉敷駅からだと水島臨海鉄道倉敷市駅からお店のある栄町駅まで電車で約20分ほど、そして栄町駅からは徒歩圏内で行ける距離です。

水島臨海鉄道の時刻表はこちら

同じ倉敷市でも水島臨海鉄道栄町駅近くにあるので、美観地区からは離れているため、観光の時間の余裕がなければ、ついでに訪問するのは難しいかもしれません。

西洋乞食のある水島は工業の街のため、この「西洋乞食」に行ったあと、近くを散策するといっても工場以外では昭和的な街並みくらいしかなく、特に電車を利用する場合は本数が少ないので注意が必要です。

喫茶西洋乞食の雰囲気

喫茶西洋乞食の外観と内観の写真を実際に行って撮ってきました。

お店の外観

2016seiyokojiki-rose_img01
「西洋乞食」の外観

住宅地のなかに現れるレンガ装飾のお店です。蔦は絡んでいませんでした。そして1階は駐車場になっています。

2016seiyokojiki-rose_img02
「西洋乞食」の営業日・営業時間

西洋乞食の看板には、定休日は日曜日と書いていますが、別のところにある貼紙には日曜日・祝日はお休みとなっています。

そのため県外から来る場合、来店のハードルは高いかもしれません

営業時間は朝の7:30から夕方6時までです(※現在は変更になった可能性あり)。もし遠方よりアクセスする場合なら、事前に営業しているかどうかを確認しておいた方が良いかもしれません。

2016seiyokojiki-rose_img03
「西洋乞食」の玄関

外階段を上がると玄関になっています。

店内の様子

2016seiyokojiki-rose_img04
「西洋乞食」の店内

店内の照明は光量を抑えていて薄暗く、洋風レトロな雰囲気です。目が慣れて店内の様子をよく見ると西洋アンテークや電話ボックスなどがあり、カオスだという口コミもあります。

2016seiyokojiki-rose_img05
店内の様子

繁忙時間でなかったためか、訪問時には他にお客さんは一組だけでした。

写真はお店に断りを入れて撮りましたが、ただ、店内をバシャバシャとるのは、少しためらいますね。もう大人の空間です。

2016seiyokojiki-rose_img06
モーニングも頼める

西洋乞食に来店したのは、11時を若干まわっていました。

ランチタイムにはまだ時間があったためモーニングをまだ頼めるかどうかをお尋ねしたところ、快く引き受けてくださいました。思ったよりもすぐに出てきます。

2016seiyokojiki-rose_img07
モーニングセット

こちらがモーニングセットです。お値段は400円でした。

芸術的!西洋乞食のバラフロート!

2016seiyokojiki-rose_img0
「西洋乞食」名物バラ細工のコーヒーフロート

この西洋乞食で有名なのが、クリームで作られた薔薇のフロートです。特にバラのクリームソーダが有名なのですが、あえて今回はコーヒーフロートです。バラ細工はクリームソーダフロート、コーヒーフロート、ココアフロートと幾つかの中から選べるようです。

補足情報!

2019年1月現在、バラのフロートは1日10食限定となっているとのことです

2016seiyokojiki-rose_img08
バラ細工のフロートの秘密

グラスよりも大きなバラ細工の秘密ですが、グラスの横から見るとわかるのですが、氷を浮かべその上にクリームでバラ細工をつくっています。手作りのため、注文してから若干時間がかかります。ランチタイムのように、店内が忙しい時間帯だと注文を遠慮した方がいいかもしれません。500円で、この手間暇はすごいです。

このバラ細工、思わず写真を撮りたくなりますよね!ただ感動して写真を撮っていると、クリームが柔らかくなって溶けてくるので注意が必要です。

バラのクリームソーダフロート

2016seiyokojiki-rose_img09
バラのクリームソーダフロート

同年の7月30日の水島港まつりの際に、西洋乞食へ再度訪問して、クリームソーダフロートをあらためて注文しました。やはりブルーの色の方が神秘的です。

最後に

店名が「西洋乞食」となっているので、顔をしかめる人がいるかもしれません。

ただこの西洋乞食というもともとの意味は、明治になっての華族の子息たちのハイカラな出で立ちや振る舞いに対して世間が羨望の気持ちも込めて呼んでいたことに由来しているそうです。

場所柄、地元のお客さんに愛されてきて40年以上続いているお店です。なかなか行く機会がない場所なので、もし近くに足を運ぶことがあったら、ぜひ、訪れてみてください。

(2016年5月訪問)

基本情報

店名「西洋乞食」
住所倉敷市水島西栄町12-27

定休日日曜日・祝日
営業時間7:30~18:00(※現在は変更になった可能性あり)
電話番号086-445-1777
駐車場1Fに駐車場があります

Instagram#西洋乞食

Instagramに投稿された西洋乞食の写真です。


#西洋乞食

ライター
この記事をかいたひと
運営者

倉敷つーしんを個人で運営しています。プロフィールだから何か書けと言われても、今のところ思い浮かばないです…。ゆっくり自分のペースでやっていけたらと思っています。ある程度、記事を更新したら、Twitterも更新しようかなw

倉敷つーしんをフォローする
お店情報食べ歩き
倉敷つーしんをフォローする
倉敷つーしん

コメント

タイトルとURLをコピーしました