「藤桜食堂」倉敷デパートにある大人の隠れ家!おばんざいの店

「藤桜食堂」倉敷市鶴形

倉敷駅近くにあるおばんざいのお店「藤桜食堂」。おばんざいだけでなく、ちょっとした酒の肴や一品料理をつまむことができます。

「藤桜食堂」には、どんな料理があってどれくらいの値段なのか情報がまだあまりないようなので、今回訪問してきました。

倉敷デパートの中にあり、営業は夜だけ、休みは不定休なので、地元の人でも、知る人ぞ知る大人の隠れ家になりそう。

お店の場所

倉敷デパート

倉敷駅から美観地区に向かって倉敷センター街BIOSの中を歩く途中、ビオス憩いの広場から東に進んで行くと、左手に、白壁の町「倉敷」のイメージの美観地区のそばにこんなところがあったの?と驚くようなスポットがあります。

倉敷デパートと言う名前ですが、百貨店ではなく、個人商店が集まっているマーケットみたいなところで、昭和レトロな雰囲気の場所です。日中に行くと、このあたりは、ほとんどのお店が閉まっているため、すっかり寂れているように見えます。どちらかと言えば、観光客向けというよりも、地元のひと向けのお店ですね。

ほとんどのお店が外から店内の様子が見えないため、初めてのひとでしたら、どんなところなのかどれくらいの値段なのかわからないのではないでしょうか?

藤桜食堂は、そんな昭和レトロな倉敷デパートの中ほどの場所にあります。

お店の雰囲気

 
お店の外観

レトロな雰囲気の倉敷デパートの一角に、清潔そうな外観をしたお店があります。2018年の8月にオープンしたばかりのお店で、外観だけでなく、店内も綺麗です。

テーブルはなく、カウンター7席だけの小さなお店で、お店は女性二人でされている様子。これなら、女の子だけでも来やすいかも?

メニュー

メニューは2種類ありました。本日の献立とドリンクメニュー。びっくりするような値段のものはありませんでした。

本日の献立

本日の献立

訪れた日の献立です。日によって違うみたいです。赤字のメニューはお勧めとのこと。おばんざいには値段が書いてありませんでした。

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

定番のビールや焼酎、日本酒以外にもノンアルコールビールやソフトドリンクもあります。

実際に頼んでみた料理

初めてだっだので適当に頼んでみました。

つきだし

つきだし

何を頼もうかと思っていたら、まずはこちらが出てきました。ナスとししとうの揚げびたしです。こちらはおばんざいの中にもあります。

酒の肴

冷や奴

酒の肴の中からは冷や奴を頼んでみました。

一品料理

卵焼き

一品料理の中からは卵焼きを、トマトや水菜、タコさんウィンナーがついてきました。

おばんざい

ロールキャベツ

おばんざいの中からはロールキャベツを選んでみました。

ご飯

ご飯

メニューにはありませんが、ご飯ものがあるかをお尋ねしたところ、ご飯が出してくれました。日によっては炊き込ご飯もあるみたいです。

値段はいくらだった?

つきだしのナスとししとうの揚げびたし?円、生ビール(中)550円、冷や奴350円、卵焼き450円、ロールキャベツ?円ご飯?円、合計で2,350円でした。

おばんざいを提供する店なので、家庭的な料理が恋しくなった時に使えそうです。新しいお店なので、こういったお店によくある、常連さんでいっぱいで入りにくいという感じはなかったですね。

基本情報

「藤桜食堂
店名「藤桜食堂」
住所倉敷市鶴形1丁目4−1 倉敷デパート内

定休日不定休
営業時間19:00?~23:00頃
電話番号090-5707-2239
駐車場近隣に100円パーキングあり
公式情報インスタグラム藤桜食堂

Instagram 藤桜食堂

藤桜食堂によるInstagramに投稿した写真です。


@fujisakura_shokudou

ライター
この記事をかいたひと
運営者

倉敷つーしんを個人で運営しています。プロフィールだから何か書けと言われても、今のところ思い浮かばないです…。ゆっくり自分のペースでやっていけたらと思っています。ある程度、記事を更新したら、Twitterも更新しようかなw

倉敷つーしんをフォローする
食べ歩き
倉敷つーしんをフォローする
倉敷つーしん

コメント