敵は海賊!倉敷城を建てた人物のご先祖様はなんと小野妹子!?

倉敷城のあった倉敷代官所

江戸時代、天領として幕府直轄地だった旧倉敷市街。現在、倉敷アイビースクエアがある場所には、江戸時代に倉敷代官所が置かれていました。

そして、倉敷代官所がおかれた場所は、平安時代の重大事件がきっかけでお城がつくられていて、そのお城をつくったのは超有名な人物の子孫でした。

幻の倉敷城

阿智神社のある鶴形山の南側には、明治時代になって倉敷紡績所が建てられるまで丘陵がありました。その丘陵にあったお城が倉敷城です。

倉敷城と言っても、そこにあった丘陵の大きさからして、砦と言った方が良さそうな規模だと想像できます。

ただし、お城としての歴史は古く、平安時代、鎌倉時代、室町時代と戦国時代末期まで代々、小野一族が居城としてきたため、小野ヶ城(おのがじょう)、小野城(おのじょう)と呼ばれていました。

さきほど、倉敷城と記載しましたが、倉敷城のあった鶴形山周辺が倉敷と呼ばれるようになったのは戦国時代後半・安土桃山時代ごろにかけてです。そのため倉敷城というのは、どちらかといえば仮称に近いかもしれません。

倉敷城があった場所

倉敷城があった丘陵は、お城があったことから城山とか稲荷山とか呼ばれていました。

現在の倉敷アイビースクエアからだと想像しにくいですね。

具体的にどういうものだったのか理解する手助けとなる資料があります。

窪屋郡倉敷村鳥瞰図

こちらは江戸時代の旧倉敷村の絵地図で、中央上にあるのが阿智神社のある鶴形山です。ちなみにですが、この頃は阿智神社はまだ阿智神社という名前ではなく、妙見宮と呼ばれていました。

そして鶴形山の右下にあるのが倉敷代官所。

また、もう一つ、注目してもらいたいのが、絵地図のタイトル「窪屋郡倉敷村鳥瞰図」の倉敷市所蔵小野家文書というところ。この小野家について後程説明を加えます

倉敷代官所

「窪屋郡倉敷村鳥瞰図絵地図」倉敷代官所周辺を拡大したものです。よく見ると代官所の建物の上に緑で描かれた山らしいものがわかりますか?

これこそが、倉敷城があったとされる城山です。

倉敷代官所は、敷地の中に倉敷城のあった城山を取り込む形で建てられました。

倉敷城の遺構

美観地区にある倉敷アイビースクエアの敷地の一角には、倉敷代官所跡の石碑があり、復元された当時の井戸や外堀を見ることができます。

倉敷城のあった城山は倉敷紡績所を作る際に切り崩されたこともあり、お城の遺構は一切残っていません。

ただ、アイビースクエアの正門の前の道路を渡ったところにある城山稲荷神社だけが、代々城主だった小野家が祈願したという倉敷城の唯一の名残です。

倉敷代官所襲撃を知らせた!?城山稲荷神社の白狐
幕末に焼き討ちにあった倉敷代官所。その際、狐が焼き討ちを知らせようとしたという言い伝えの残る稲荷神社が倉敷アイビースクエアの一角にあります。

倉敷城をつくったのは?

平安時代にある重大事件が原因で作られたという倉敷城。

その重大事件というのは、瀬戸内海を中心に朝廷のある京都までもを揺るがした藤原純友の乱です。

最初は、瀬戸内海に出没していた海賊を退治するために中央から派遣されていた藤原純友ですが、逆に海賊たちのリーダーとなって暴れだしました。

同じ時期に関東では、平将門の乱も起こっています。

藤原純友率いる海賊の鎮圧の指揮をとったのが、小野好古(おののよしふる)です。

小野好古は九州に行って藤原純友の乱を鎮圧したのですが、その際に阿智神社のある鶴形山の南にあった丘に海賊退治の拠点を作りました。

純友神社【倉敷市下津井】平安時代の海賊「藤原純友」を祀る神社
平安時代に瀬戸内で朝廷に反旗を翻し、海賊として知られた藤原純友。その藤原純友を祭神として祀る神社「純友神社」が鷲羽山のある児島半島沖の離島、松島にあります。

それでは、海賊退治の拠点が倉敷の美観地区に作られたのは何故でしょうか?

平安時代になってこそ地続きになりましたが、古代、鶴形山は島で、当時はまだ鶴形山の周辺は阿知潟と呼ばれる干潟が広がったままでした。

現在の倉敷

現在の倉敷の地図を見た上で、下の2つの図を比べて見てください。

古代の倉敷

古代の倉敷

倉敷駅の右下にある島は、現在の向山です

戦国時代の倉敷

戦国時代末期の倉敷周辺図

戦国時代末期になるまで、現在の倉敷市街地はまだ干潟が広がっていました。

そこで干拓のため、天正17年(1589年)に戦国大名の宇喜多秀家によって、早島の多聞ヶ鼻(現在の竜神社)から倉敷の向山、さらには倉敷酒津まで続く大規模な汐止めの堤が築かれました。

そういうことなら、鶴形山の南にあった城が、海賊退治の拠点となったのも納得です。

小野好古って?

藤原純友の乱の鎮圧のために「追捕山陽南海道両道凶賊使長官」という役職に任命された、小野好古。

あまり聞きなれない役職のため、説明を加えます。

「追捕」山陽南海道両道「狂賊使」というのは、海賊や凶賊などの犯罪者を捕まえる警察・軍事的な役職のひとつでした。

承平2年(932年)に南海道で暴れる海賊などを鎮圧する目的で初めて、「追補使」という臨時的な役職ができたのです。

山陽道(兵庫県南西部・岡山県・広島県・山口県)
南海道(和歌山県・兵庫県淡路島・徳島県・香川県・高知県・愛媛県)

藤原純友の乱を鎮圧するために、その追補凶賊使の山陽道・南海道方面の長官として小野好古が任命されました。

小野好古の一族は、藤原家、菅原家、平氏、源氏のように有力な一族ではありませんでした。

ただし、小野一族は小学校・中学校の歴史に出てくる小野妹子(おののいもこ)の末裔なんです。

小野妹子は、男性ですが、名前に「子」がついているので、ふじわらのなにがし、たいらのなにがしといったような似たような名前に比べて、あまりに有名です。

小野好古の弟

余談ごとですが、小野好古は、小野道風(おののみちかぜ)という弟がいました。この小野道風は書道界の大御所です。

書道のことはわからないという人でも、きっと小野道風の姿を見たことがあるはず!

というのも、花札にカエルと一緒に描かれた人物こそ、小野道風がモデルなのです。

小野道風

小野好古は藤原純友の乱を鎮圧した後、功労を認められ、太宰大弐、従三位と出世しました。

倉敷城と城山稲荷神社

藤原純友の乱の鎮圧後、海賊退治の拠点となった城は、その後も小野一族が地方豪族として戦国時代末期まで代々城主をつとめ、小野ヶ城、小野城、倉敷城と呼ばれるようになりました。

そして明応2年(1493年)に小野家の守り神として京都の伏見稲荷を勧請したのが、城山稲荷の起源です。

ところで、さきほど記載したように戦国時代末期には小野一族は倉敷城の城主でなくなっています。倉敷城は廃城となり、さらに慶長5年(1600年)におきた「関が原の戦い」により倉敷は徳川幕府の直轄地となっていました。

元和5年(1619年)、倉敷城のあったお稲荷さんは、当時の庄屋により正式な社殿が建立され、城山稲荷大明神と名付けられました。

小野妹子を先祖にもち、代々倉敷を治めていた小野一族もついに消えたかと思いきや、この庄屋、名前を小野左エ門四郎好雄といい、倉敷城の最後の城主でした。

それからも小野家は、天領として栄えた倉敷村の有力者の集団「古禄十三軒」の筆頭として代々倉敷村の庄屋をつとめています。

古禄十三軒は新禄古禄騒動にいたるまで倉敷村の政治と経済の実権をにぎり続けました。

そして「窪屋郡倉敷村鳥瞰図」にあった小野家文書というのが、この小野家に代々所蔵されてきたもので、天領倉敷の貴重な資料となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました