純友神社【倉敷市下津井】平安時代の海賊「藤原純友」を祀る神社

 
「純友神社」倉敷市下津井松島

平安時代に瀬戸内で朝廷に反旗を翻し、海賊として知られた藤原純友ふじわらのすみとも。その藤原純友を祭神として祀る神社「純友神社」が鷲羽山のある児島半島沖の離島、松島にあります。

純友神社のある松島は、残念ながら定期船のある島でないため、島に渡ること自体が難しいです。

今回、機会があり、松島に訪れ純友神社にお参りすることができましたので、記事にしました。

純友神社

平安時代、朝廷に対する反乱として有名なのが、関東で起きた平将門たいらのまさかどの乱。ほぼ同時期に瀬戸内海で朝廷に武装蜂起した海賊が藤原純友です。

平将門の乱と藤原純友の乱は、ほぼ同時期の起きたため一般に「承平天慶の乱」と呼ばれています。

平将門をまつる神社は多いのですが、藤原純友を祀る神社はこの「純友神社」と愛媛県新居浜市にある「中野神社」だけのようです。

昔、泥棒がこの純友神社の御賽銭を盗もうとして失敗したことから、「泥棒よけの神様」と呼ばれています。

純友神社の由来は、資料がないため、実際のところよくわかっていません。

藤原純友とは

もともと、藤原純友は朝廷の役人として海賊退治をする側だったのですが、海賊のリーダーになってしまいました。

平安時代の頃は、現在の岡山県の南部のかたちが違い、吉備の穴海と呼ばれた浅い海で、児島は、その名前の通り島でした。

 
JR児島駅前に設置されている「古事記の児島」看板

JR児島駅の北側にある看板によれば、倉敷の平野部分のほとんどが海だったことがわかります。

海賊になった藤原純友を祀る神社が「泥棒よけの神様」というのはなんとも面白いですよね。

純友神社のある松島

倉敷市には松島という地名は他にも中庄駅の近くにあるのですが、純友神社のある松島は海に浮かぶ本当の島です。

本州と四国を結ぶ世界最大級の規模を誇る瀬戸大橋。その瀬戸大橋のある児島半島の沖あいに松島があります。

瀬戸大橋は、岡山県倉敷市と香川県坂出市を結んでいるのですが、実は橋のほとんどが香川県になります。瀬戸大橋のうち、岡山県倉敷市は、鷲羽山トンネルを抜けて本州から海を渡り、最初の島、櫃石島(ひついしじま)までの橋、下津井瀬戸大橋の途中まででしかないです。

聖地巡礼【ひるね姫】田の浦港前バス停
下電バスの「田の浦港前バス停」は、倉敷市下津井を舞台としたアニメ映画「ひるね姫」に出てくる主人公の女子高生、森川ココネが通学に使うバス停です。

ちょうどJR児島駅からほど近い児島観光港に、瀬戸大橋周辺地理模型があるので、こちらで説明しますね。

 
「瀬戸大橋周辺地理模型」児島観光港より

櫃石島の東にあるのが、今回の藤原純友を祀る神社、純友神社のある松島です。

藤原純友が瀬戸内海を荒らしまわった際に、釜島(かましま)や櫃石島(ひついしじま)に財宝を隠したという伝説が残っていて、松島も藤原純友率いる海賊の拠点となった島のひとつでした。

この松島は岡山県で、有人の島としては最小で、島民は三人です。

純友神社にアクセスする方法

純友神社があるのは、倉敷市の鷲羽山の沖合にある離島、松島です。ただ松島は人口も少ないため、定期便がなく、船をチャーターして行くしか方法はありません。

児島観光港から船をチャーターすれば松島に渡ることができますが、かなりのお値段になります。実際、私が松島に渡ったのも、この松島へのチャーター便に便乗したものでした。

ただ、松島は幸いにも釣り場となっていて、下津井港から釣り人用の渡し船を利用することができます。この渡し船を使えば安く松島へ訪れることができます。

たい公望

松島上陸

 
松島島内

松島の港から上陸し、今回は案内の方がいたため、スムーズに純友神社に行くことができました。狭い島内ですが、道中にある家屋のほとんどが打ち捨てられていて、不思議な気持ちになります。

家屋の続く区域をぬけると、石の柱が左右に建っています。


途中からはどこが神社に行く道かわかりません。


大丈夫かと不安になりましたが、きちんと竹が刈られて、道が手入れされていました。

純友神社は、この奥です。

純友神社


純友神社に到着です。ほこらといった感じではなく、石灯籠や手水、きちんと拝殿や本殿もありました。

純友神社の拝殿

松島神社拝殿

島民3人しか住んでいないというのに、拝殿があるんです!

純友神社の狛犬


扁額に、ほら、純友神社とあります!

純友神社の拝殿の中

今回は、純友神社の中に入ることができました。仕方ないことですが、純友神社を管理しているのは、島に住む方だけなので、拝殿の中は朽ちてしまっている感は否めません。


壁も崩れ、床板も気をつけないと底が抜けそう。

純友神社拝殿内の絵

ただ、ボロボロな拝殿ですが、ひときわ目を引く絵が飾られていて、彩りも鮮やかです。絵の真ん中にあるのは、一瞬タコの吸盤に見えましたが、どうやら松の木みたいですね。

純友神社の本殿

純友神社本殿

本殿も随分と傷んでいますが、きちんと片付けられています。

純友神社の裏

児島半島最南端、鷲羽山不動明王を臨む

本殿の裏は崖になっていて、目の前は海。

海の向こうに見えるのは、児島半島の最南端の岬。

岬に建つ鷲羽山不動明王が見えます。鷲羽山のお不動さんとして知られる「久須美大師堂」です。

こうやって見ると、小さな島といっても、足を踏み外すと崖から海に落ちてしまう危険があるため、単独で純友神社に行くのは避けた方がいいと思います。

基本情報

「純友神社」倉敷市下津井松島
施設名「純友神社」
住所倉敷市下津井松島

定休日なし
営業時間なし
電話番号なし
駐車場なし
ライター
この記事をかいたひと
運営者

倉敷つーしんを個人で運営しています。プロフィールだから何か書けと言われても、今のところ思い浮かばないです…。ゆっくり自分のペースでやっていけたらと思っています。ある程度、記事を更新したら、Twitterも更新しようかなw

倉敷つーしんをフォローする
観光情報
倉敷つーしんをフォローする
倉敷つーしん

コメント